“近隣トラブル”での調査依頼

4月になり、暖かい日が随分増えてまいりました。電車の中には新入社員があふれ、季節の変わり目を実感する事でしょう。

これから新入社員になる方々は、学生時代にはなかった人間関係の中に身を置き、苦戦する方もいれば、新しい出会いを楽しむ方もいる事と思われます。

人間関係の構築は、社会生活をする上で、なかなか避けては通れない事です。こちらが、友好的に接しても、相手になかなか理解してもらえない事は多いと思われます。

このようなすれ違いから生まれる人間関係のトラブルも、探偵の仕事として依頼を受けるケースがあります。

主なものでは、“近隣トラブル”です。

以前、相談を受けた件ですが、「購入したい中古の一戸建て住宅があるので、購入前に居住環境の調査をして欲しい。」というものでした。

このような調査を依頼しようと考えた経緯について確認したところ、購入先での近隣トラブルを警戒してとの事でした。

相談者は、現状一戸建てに家族と暮らしていたのですが、理由は分からないが、嫌がらせを受けるようになったとの事でした。

このとき受けていた嫌がらせは、朝起きると庭に食べかけのパンやペットボトル、コンビニの袋などが散乱していたり、たまに郵便ポストがチラシでいっぱいになっていたりしたようです。

庭のゴミに関しては、最初はカラスの仕業かと思っていたとのことでしたが、自分の家しか被害に遭っていないことやゴミの日以外の日にも同じ事が起きていたので嫌がらせされている可能性を考え出したとのことでした。

相談者は、子供もいたため、事を大きくするのを避けて、警察にも相談していませんでした。犯人には心当たりがあったようですが・・・。

相談者の本音は、「引っ越しはお金が掛かるし、子供の学校の事もあるので、出来れば、引っ越さないですむ方法があればいいのですが・・・。」というのが本音でした。

そのため、新たに家を購入する前に、一度弁護士に相談することを進めました。

相談者は、知り合いに弁護士がいるので相談してみると言っていました。

その後、相談者からの連絡を頂き、弁護士と相談した結果、嫌がらせの証拠を取得し交渉するという運びになったとの事でした。証拠取得方法については、防犯カメラを設置しようと思うと話してくれました。

問題を解決するための証拠取得を考えているのであれば、目立つところに防犯カメラを設置しないようお話しさせて頂きました。

目立つところに防犯カメラを設置すると、一時的に嫌がらせの予防にはなりますが、証拠取得には向かない場合が多々あります。

特に犯人が近所の方と思われる場合、取付工事を目撃される可能性も高くなります。結果、警戒した犯人が嫌がらせの方法を変えるだけで、解決に至らないこともあり得るからです。

相談者の希望として、防犯カメラの設置だけではなく、設置後の撮影映像のDVD化や報告書も作成してほしいということでしたので、当事務所がお手伝いすることとなりました。

庭先と駐車場付近に外観からはカメラと分からないカモフラージュをし、2台のカメラを設置しました。

数日後、庭にゴミが投げ込まれていたと連絡があったので、録画映像の確認に向かいました。映像には、深夜にゴミを投げ込む人の姿が撮影されており、個人の特定も容易に出来る状況でした。

この後、早急に報告書と撮影された映像のDVDを作成し、依頼人に渡し調査終了になりました。

その後、近隣トラブルが解決したかどうかは、我々が知る事はありませんでしたが、問題も解決し、何事もなく平和に暮らせている事を望みます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
ひより東京探偵サービス
東京都豊島区東池袋1-44-2パラッシオ池袋803
(池袋駅東口から徒歩3分)
TEL:03-5985-0667
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

PAGETOP